reserve now.

ダンスレッスンを再定義する。「Live Lesson in the house」始動。

/ Park, Rental space, Studio

『Live Lesson in the house』とは?

 

チケットご購入はコチラ: https://livelesson.inthehouse.tokyo/

 

緊急事態宣言中にインストラクターであるダンサーがオンラインレッスンなどを行い、収益を確保しようと試みていますが、配信環境や、配信方法、撮影方法などが定まらず、集金や運営の負担が大きくなっています。同様に、今までダンスを習っていた人たちも自粛を余儀なくされ、体を動かしたり、練習したりすることが難しい日々が続いています。


当サービスを利用することで、今までダンサー個人では困難であった、高品質な映像配信が可能になります。撮影や運営などは全て当社が無償でサポートするため、ダンサーは教えることにだけ専念することが可能となります。また、オンラインのメリットを最大限生かし、教わる側のニーズを細かく汲み取ることで、ダンサーが「遠隔で」、「踊らずに」収益を得られるようになります。これにより、従来は労働集約型でレッスンによる収益がほとんどであったダンサーの、withコロナ時代における働き方改革を実現します。
また、既存のオンラインレッスンは従来のレッスンの置き換えに過ぎず、費用面や設備面でユーザーの負担が大きく、オンラインならではの体験を享受できていない現状がありました。当サービスでは地理的、物理的な制約で自分が習いたい先生からダンスを習うことが難しかったユーザーが、オンラインで学ぶことができるコンテンツと、それを練習できる場所を提供します。

※練習用スタジオの提供は情勢を踏まえるため、提供開始時期は未定となっております。

 

当サービスは「ライブレッスン」「チャットレッスン」「アーカイブレッスン」の構成となります。

 

 

LIVEレッスン

オンラインレッスンをやってみたけど満足いくレッスンができない、オンラインレッスンをやってみたいけどやり方が分からなくて不安、といったダンサー向けに、当社が無償で実施のサポートを致します。
当社は、デジタルコンテンツ制作を行なうCreative Studio事業で有する撮影スタジオや機材、人材をダンサーに提供し、映像撮影、配信、運用を受け持つことで、ダンサーは誰でもプロ品質のLiveレッスンをユーザーに届けることができます。

 

 

チャットレッスン

オフラインレッスンとは異なり、オンラインレッスンでは双方向のコミュニケーションに制約があります。そのため、ユーザーはフィードバックを受けることが難しくなっていました。
そのため、当社はライブレッスンとフィードバックの機会を切り分け、個人に対する綿密なケアを行うためにチャットによるフィードバックを行えるようにします。
ユーザーは自身のダンス動画をダンサーに送るだけで、ダンサーから適切なフィードバックを得ることができ、自身のスキルを高めることができます。

 

 

アーカイブレッスン

当社は、当社が持つ映像編集の技術を用いて、ライブレッスンの様子をアーカイブとして販売できるように致します。これによってダンサーは自身のレッスンを永続的な収益源とすることができ、またユーザーは自身の好きなタイミングでダンスレッスンを受講することが可能になります。

当社はこれから来るwithコロナ時代に、オフラインとオンラインの価値を共存させることを目指します。オフラインでこそ得られる価値や経験があり、オンラインでこそ届けられるユーザーや表現があります。それらをダンサーやユーザーに提供するためのベストプラクティスを考え、これからのダンス市場に貢献していきます。
その実現に向け、当社のサービスを通じてLiveレッスンを実施したいダンサーの皆さまを募集しております。ご要望の方は以下の申し込みフォームよりご連絡くださいませ。
申し込みフォーム:https://forms.gle/NmzPK4s5UFVhuC48A

 

今後も株式会社in the houseは、すべての人が自分を表現することができ、夢や希望を抱ける社会を作るために邁進してまいります。

 

 

Live Lesson in the house
https://livelesson.inthehouse.tokyo/

関連記事

Sign Up
Members